清宮幸太郎「大谷先輩のバットが欲しい・・・」